スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- |  

今週の出走予定 -6月5週-

07/01 中京5R-2歳新馬-芝1,600m
 メイショウアカフジ (15位指名) 武豊/54.0kg
今シーズン初出走、サムソン産駒の中央デビュー戦でもあります。良血馬なのである程度は格好はつけてもらいたいですが、調教の動きはまだもっさりしているようですし、父と似て使った方が良くなるかもしれません。
スポンサーサイト

| 今週の出走予定 12-13年 | Comment 0 |  

続×95・指名馬の近況

エインセル (父メイショウサムソン×母ピクシーダスト 栗東・須貝)
須貝調教師 「すごくバランスのいい馬なんだよね。牝馬としてはドッシリ感があるタイプかな」

~放牧~
ナンヨーカノン (父フジキセキ×母ピラミマ 栗東・領家) → 骨膜が出たため
エイシンチャクエク (父ゴールドアリュール×母アルカイックレディ 栗東・高野)

| 指名馬の近況 | Comment 0 |  

指名リスト作成の裏側 2011-2012

■リストアップしたけれど指名馬リスト入りしなかった馬
【 牡馬 】
馬名未定 (父Henny Hughes 母Aldebaran Light 栗東・矢作)
エーシントップ (父Tale of the Cat  母Ecology 栗東・西園)
サンライズマーチ (父Hard Spun 母オールウェイズウィリング 栗東・音無)
トウショウチャージ (父サクラバクシンオー 母サフラントウショウ 美浦・清水英)
ブランドオン (父ジャングルポケット 母ロスマリヌス 栗東・松永幹)
マイネルフィエスタ (父シンボリクリスエス 母フェリアード 栗東・中村)
サダムダイジョウブ (父ダイワメジャー 母ブリアンダ 栗東・松田博)
ダノンラッシュ (父ブラックタイド 母シェアエレガンス 栗東・池江)
タガノレイサッシュ (父マンハッタンカフェ 母レイサッシュ 厩舎未定)
【 牝馬 】
ヤマニンシェリル (父アグネスタキオン 母ヤマニンザナドゥ 栗東・浅見)
馬名未定 (父ジャングルポケット 母エアメサイア 厩舎未定)
ジーニマジック (父ダイワメジャー 母ベッラベリッシモ 厩舎未定)
馬名未定 (父ディープインパクト 母サクラサクII 美浦・堀)

今年も一部ではありますが書き出してみました。牡馬は勝ち上がっているのが結構いましたが牝馬は散々、その中ではエアソミュールとサクセスセレーネが2勝。今年のリスト入りしなかった馬から活躍馬は出るでしょうか。昨シーズンだったらタガノレイサッシュを迷わず行っていましたが情報がほとんどないので敬遠、ブランドオンは母ロスマリヌスがエクセルマネジメントからノースヒルズに移ったというのが面白いと思いましたけど手が回らなかったです。トウショウチャージも血統では妙味有りなんですが遅生まれ。牝馬では情報がほとんどないのが多く、頭数も増えるので行かなかったです。未デビューで終わる可能性もありますがジーニマジックは大穴候補。追加指名で最後まで迷ったのはサンライズマーチ

| POG | Comment 0 |  

続×94・指名馬の近況

エイシンチャクエク (父ゴールドアリュール×母アルカイックレディ 栗東・高野)
【在厩】 ゲート試験を目指して調教中
高野調教師 「いい雰囲気がありますね。おとなしくて従順。楽しみな馬ですね」

メイショウアカフジ (父メイショウサムソン×母マストビーラヴド 栗東・西浦)
【在厩】 24日・阪神新馬(芝1,800m)、もしくは翌週7月1日・中京新馬を予定、鞍上は武豊騎手
西浦調教師 「育成からずっと順調。何ごともなく、ここまできた。このままデビューを目指し順調に進めていきたい」

| 指名馬の近況 | Comment 0 |  

各馬の指名理由(2012-2013年度)

1位) ランギロア (父アグネスタキオン×母ハルーワスウィート  栗東・友道)
 03月03日生 / 馬名由来:ランギロア環礁。トゥアモトゥ語で広大な空に由来する
タキオン×ミスプロに目立った活躍馬は少ないんですが見た目に惹かれました。この母の産駒は友道厩舎所縁の血統ですから来年こそクラシック制覇を期待しています。現時点で調整がやや遅れているようで札幌は微妙らしいですけど秋以降でも問題ないです。

2位) アドマイヤキンボシ (父チチカステナンゴ×母プロモーション  栗東・橋田)
 04月09日生 / 馬名由来:冠名+金星
兄アドマイヤプリンスを指名していましたこともあって新種牡馬で未知数ですが獲りに行きました。一つ上のバラードより見栄えのする馬体で橋田厩舎に戻って期待値は上がります。クラシック路線に乗ってくるはず。

3位) サトノプレステージ (父ディープインパクト×母ディメンティカタ  栗東・平田)
 03月16日生 / 馬名由来:冠名+名声
ノーザンリバー、ベールドインパクトと続いて今年のリストから外さなかった馬は本馬でした。正直、平田厩舎の個人的印象はそこまで良いものではないんですがG1を勝ちましたし、馬体が目立っていたのでそれでも指名に踏み切りました。

4位) スペクトロライト (父ディープインパクト×母バランセラ メス 美浦・堀)
 02月11日生 / 馬名由来:虹色の光を放つ天然石
数頭指名しようと考えていた牝馬の中でなかなか良いと思ったのがこの馬。数字以上に体を大きく見せていて好感が持てました。ここまで順調という事ですからマリアヴェロニカのような頓挫がなければ出世してくれるでしょう。(迷った馬:同じく堀厩舎のディープ産駒の牝馬・サクラサクⅡの2010)

5位) プロミネントロール (父キングカメハメハ×母プロミネント  栗東・石坂)
 03月15日生 / 馬名由来:大きな役割
直前になって急にリスト入りさせました。石坂厩舎の春二冠の活躍もありますが決してそれだけではなくてキングカメハメハ産駒の特長が出ているように見えました。血統の裏付けもありそうな感じ。距離についてはマイル~中距離が主戦場になってくると思います。使っては休んでのアルアマーナとは違って馬格もありますから楽しみ。(迷った馬:同じ厩舎で同じキンカメ産駒のアルバタックス)

6位) フューチャステップ (父アドマイヤムーン×母シンコウラブリイ  栗東・池江寿)
 04月02日生 / 馬名由来:未来への一歩
母の仔がまだいたのかと思ったほど高齢での産駒。普通ならば食指はあまり伸びないところなんですが池江厩舎の馬は一頭指名したかったので所属馬から本馬を選びました。見た目も悪くありませんし、一発あっても不思議ではありません。馬主の嶋田賢氏=シンコーファーム生産馬は2頭いてどちらも勝ち上がっていて、そこに初めての組み合わせとなる池江厩舎とくれば期待値はさらに上がります。とにかく順調ならば。(迷った馬:同厩舎のシェアエレガンスの2010、ブラックタイド産駒なのであと一歩が踏み出せませんでした)

7位) トウケイムーン (父アドマイヤムーン×母ゴーカロライナ  栗東・藤原英)
 04月26日生 / 馬名由来:冠名+父名の一部
早くから指名しようと考えていた一頭。厩舎がどこになるか気になっていましたが藤原英厩舎なら問題ありません。兄マジカルツアーは新馬勝ちしたもののデビューが遅かったせいもあってそれ以上の活躍はできなかったのでもう少し早期に出てきてもらいたいです。

8位) アマルコルド (父ハーツクライ×母フローラルグリーン メス 栗東・角居)
 01月30日生 / 馬名由来:映画名より
検討していた牝馬が短いところ向きな馬が多かったので中距離型の本馬を狙いました。ダノングーグーの全妹です。角居厩舎の馬も指名したかったというのも理由の一つ。晩成傾向の血統ですが早生まれでちょうど良く期間内で活躍できれば、牝馬ですからまず一勝が目標。昨年度に続く見逃し三振は勘弁。(迷った馬:ソルダテッサ、ヤマニンシェリル)

9位) ナンヨーカノン (父フジキセキ×母ピラミマ メス 栗東・領家)
 01月23日生 / 馬名由来:冠名+カノン
昨年度はお世話になった領家厩舎、すでに入厩している中で見た目が良く、血統的も意外と良いので今年の速攻系の一頭として指名しました。この厩舎とナンヨーの中村徳也氏とはソコソコの相性で本馬もソコソコの活躍で小銭稼ぎからG1出走までお願いしたいです。(同厩で迷った馬:アットウィル、アドマイヤムーン産駒はリスト入りしていた馬がいたので)

10位) エインセル (父メイショウサムソン×母ピクシーダスト メス 栗東・須貝)
 04月02日生 / 馬名由来:イングランド北部に棲むと伝承されている美しい妖精
一番最初に指名したいと思ったのは本馬。個人的に好みな馬体をしています。昨年度で同じように良いと思った牝馬のアルアマーナがそれほど活躍していませんから過度な期待は禁物かもしれません。新種牡馬メイショウサムソンも半信半疑なところはありますのでどう出るでしょうか。須貝厩舎というのは頼もしい材料。

11位) ダイワフォース (父ダイワメジャー×母ダイワリプルス  美浦・上原)
 04月06日生 / 馬名由来:冠名+迫力
関東馬も指名しておこうと思い、その中で目に留まったのが母ダイワリプルス。母の産駒で一番活躍したダイワアプセット以来、上原厩舎が管理するので面白いかもしれません。(迷った馬:同厩で同じ父のダイワストリーム、牝馬はこれ以上指名したくなかったため)

12位) アドマイヤスピカ (父キングカメハメハ×母エルダンジュ  栗東・松田博)
 02月23日生 / 馬名由来:冠名+真珠星
今年、よしおさんが不参加ということでアドマイヤ軍団のマークが緩くなるはずだと下位に入れておきました。重賞で連対経験のあるアドマイヤテンクウの全弟でなかなかの好印象、松田博厩舎の馬を押さえておきたかったのもあります。クラシック路線に乗るくらいの活躍を期待しています。(迷った馬:ヴェイパートレイルの2010、角居厩舎が多くなる事を懸念したため)

13位) エイシンチャクエク (父ゴールドアリュール×母アルカイックレディ  栗東・高野)
 02月17日生 / 馬名由来:冠名+古代マヤ語の金星より
エイシンキンチェムの半弟、馬体のボリュームが迫力満点でした。姉と同じく完成度が高そうで早期デビューしてオープン勝ちまでできれば良いなと、成長力はあまりなさそうですから高い完成度で二歳戦が勝負。芝でダメでも血統からダートで活路を見出せそうなのもPOGでは強みになりそうです。(迷った馬:アクレイムド、角居厩舎をこれ以上指名するのはできませんでした)

14位) 馬名未定 (父Cape Cross×母ベルナール  栗東・角居)
 01月30日生 / 馬名由来:-
父Cape Crossは日本では実績がまだない種牡馬ですが祖母がバレークイーンと同血で母父Alzaoはディープでお馴染みなので適応する下地はあります。角居厩舎=メイショウはこれまで管理した2頭が勝ち上がっていてまずまずの相性、この厩舎ですからまずは出て来られるかどうか。この馬を指名する決め手は血統。昨年度の教訓が生かされていませんが血統を見る度に良く思えてきたので指名に至りました。

15位) メイショウアカフジ (父メイショウサムソン×母マストビーラヴド  栗東・西浦)
 02月23日生 / 馬名由来:冠名+赤富士
追加枠で指名する事になった本馬。リストアップしていましたがメイショウサムソン産駒はエインセルがいたので未知数な新種牡馬の産駒を2頭も指名するのは避けたかったんですが、良い馬だと思っていましたし指名者がいないようなら、とすでに入厩していることもあって飛び付きました。

| POG | Comment 2 |  

| main |

Author:aji-sand

わくわくドキドキPOG 2012-2013年度
18位 395p 0-1-0-4 (更新:09/18)

熟をの気楽な競馬日記 》  《 POGスタリオン 集計

わくわくドキドキPOG 指名馬

1位) ランギロア
アグネスタキオン×ハルーワスウィート 栗東・友道
2位) アドマイヤキンボシ
チチカステナンゴ×プロモーション 栗東・橋田
3位) サトノプレステージ
ディープインパクト×ディメンティカタ 栗東・平田
4位) スペクトロライト
ディープインパクト×バランセラ 美浦・堀
5位) プロミネントロール
キングカメハメハ×プロミネント 栗東・石坂
6位) フューチャステップ
アドマイヤムーン×シンコウラブリイ 栗東・池江
7位) トウケイムーン
アドマイヤムーン×ゴーカロライナ 栗東・飯田明
8位) アマルコルド
ハーツクライ×フローラルグリーン 栗東・角居
9位) ナンヨーカノン
フジキセキ×ピラミマ 栗東・領家
10位) エインセル
メイショウサムソン×ピクシーダスト 栗東・須貝
11位) ダイワフォース
ダイワメジャー×ダイワリプルス 美浦・上原
12位) アドマイヤスピカ
キングカメハメハ×エルダンジュ 栗東・松田博
13位) エイシンチャクエク
ゴールドアリュール×アルカイックレディ 栗東・高野
14位) メイショウバッカス
Cape Cross×ベルナール 栗東・角居
15位) メイショウアカフジ
メイショウサムソン×マストビーラヴド 栗東・西浦

【 過去の指名馬・成績 】
2011-2012年度 指名馬 (活躍馬:ジョワドヴィーヴル)
2010-2011年度 指名馬 (活躍馬:ノーザンリバー)
2009-2010年度 指名馬 (活躍馬:リルダヴァル)
2008-2009年度 指名馬 (活躍馬:トーセンジョーダン)
2007-2008年度 指名馬 (活躍馬:ブラックシェル)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。