スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- |  

続×26・近況報告

ヴィジャイ (父ディープインパクト×母オイスターチケット 牡 栗東・松田国)
函館開催で競馬場に入ってゲート試験を受ける予定も。

マリアヴェロニカ (父ジャングルポケット×母マリアヴァレリア 牝 美浦・堀)
左前脚球節に腫れ。良化を見せるもウォーキングマシンで調整。

トーセンエッジ (父ディープインパクト×母ロッタレース 牡 未定)
美浦・鈴木康厩舎。近々入厩予定。

サトノペガサス (父ディープインパクト×母クラシックローズ 牡 美浦・堀)
函館に入厩しているとのこと。デビューは早そう。

クエルクス (父フジキセキ×母ダイアゴネル 牝 栗東・藤原英)
焦らずじっくりと進めていく方針。

ダノンシャーク (父ディープインパクト×母カーラパワー 牡 栗東・大久保龍)
すでに宇治田原優駿Sに到着、早い時期にゲート試験を受ける予定もあり。
スポンサーサイト

| 指名馬の近況 | Comment 6 |  

先週の出走結果 1走目

06/19 函館-2歳新馬-芝1000m
 ゼフィランサス (10位指名) 1番人気/2着
今期初出走。断然の一番人気でしたが最後は交わされて2着。
勝ち馬にはすぐ後ろに付けての追走で展開のアヤも多少はありましたが勝ってもらいたかったです。
3着とは4馬身差なので勝ち上がれそうですがちょっと残念ではあります。
夏はこの馬で行くと決めていましたし、次走でキッチリ決めて今期初勝利と行きたいですね。

<わくドキPOG的に>
初陣は飾れず、POG一番星も逃す結果となってしまいました。
圧倒的人気を見た時はこれはいただき、と思ったんですが帰ってきて結果を見たら・・・残念でした。
まぁ牝馬は期間内2勝してくれれば昨年以上ですのでそれを考えれば気はラク。
昨年度の初陣は3着でしたので少し前進。今年の初勝利がズルズル引っ張らなければいいです。
そして4シーズン目ですがおそらく初の出来事、三日天下ならぬ「一日天下」でしたが首位に。
すぐ陥落も頂に立つことができました。首位になった気持ち?味わう暇もありませんでした。(笑)

| 出走結果 10-11年 | Comment 2 |  

今週の出走予定(6月3週)

06/19 函館-2歳新馬-芝1000m
 ゼフィランサス (10位指名) 藤田伸二/54.0kg
2010年は開幕週からスタンバイ。すでに函館で調整中だったので指名した牝馬です。
評判の方は正直そんなに伝わってきませんがゲートの出で決まってしまいますので、内枠でスタート決めることができればそのまま逃げ切りのシーンが見られるはず。とにかく大事なのはスタートですね。
この馬で今期初勝利、そしてわくドキPOGの一番星と幸先も良い発馬を決められれば最高の展開。

<わくドキPOG的に>
さぁいよいよです。昨年度では熾烈な順位争いを繰り広げたゆうまりんさんとその争いを今期まで引き続いて?新馬戦で当たることになりました。とにかくスタート次第です。
今年は牝馬に力を注いだつもりですけどあらためて見るとやっぱり地味に映るのはなぜだろう・・・。
阪神新馬で評価の高いマイネショコラーデの方にすればよかったとちょっと後悔しているのは正直な話。
走ってみないことにはわからんよ、と自分に言い聞かせています。

| 今週の出走予定 10-11年 | Comment 8 |  

指名リスト作成の裏側 2010-2011

■リストアップしたけれど指名馬リスト入りしなかった馬×印は指名されている馬)
(牡馬)
×ユニバーサルバンク (父ネオユニヴァース 母ヴィクトリーバンク 栗東・松田博) → シルフィさん:8位
ボレアス (父ディープインパクト 母クロウキャニオン 栗東・吉田)
×テンペル (父ディープインパクト 母シーズアン 栗東・松永幹) → のんのんさん:1位
スカイスクレイパー (父アグネスタキオン 母スウィフトオブフライト 栗東・橋口) 
エーシンミズーリ (父マンハッタンカフェ 母セントルイスガール 栗東・坂口則)
アドマイヤスキップ (父ネオユニヴァース 母ティティス 栗東・松田博)
コスモインスパイア (父アドマイヤジャパン 母パープルコート 美浦・稲葉)
デウスウルト (父キングカメハメハ 母バプティスタ 栗東・平田)
×マスクトヒーロー (父ハーツクライ 母ビハインドザマスク 美浦・鹿戸) → レグノさん:7位
エーシンギャラクシ (父ネオユニヴァース 母フェリアード 栗東予定)
セバストス (父キングカメハメハ 母マリーシャンタル 栗東・藤原英)
×ベルシャザール (父キングカメハメハ 母マルカキャンディ 栗東・松田国) → シルフィさん:2位
×プリンスヴィル (父キングカメハメハ 母メモリアルサマー 栗東・浅見) → レグノさん:13位
ヒットザターゲット (父キングカメハメハ 母ラティール 栗東・加藤敬)
×ピューマティック (父Indian Chailie 母Uncommon Queen 栗東・村山) → 藤沢雄二さん:8位
(牝馬)
×ジュエルシード (父ゼンノロブロイ 母アランセラ 栗東・池江郎) → チョルモンさん:7位
×馬名未定 (父ロックオブジブラルタル 母エアメサイア 栗東・笹田) → けい♀さん:6位
ピクシープリンセス (父ディープインパクト 母オータムメロディー 栗東・野中)
カノヤキャプテン (父ボストンハーバー 母カノヤロマン 栗東・坂口則)
マイネショコラーデ (父ロージズインメイ 母コスモヴァレンチ 栗東・吉田)
ランブイエ (父ディープインパクト 母サミットヴィル 美浦・国枝)
ニシノキラボシ (父ジャングルポケット 母ニシノムーンライト 栗東・田所秀)
ローズアダージョ (父ディープインパクト 母ファーストナイト 栗東・矢作)
×マイネタバサ (父ロージズインメイ 母マイネサマンサ 栗東・中村均) → けい♀さん:8位
×ランデブー (父ネオユニヴァース 母モーニングタイド 栗東・池江郎) → 花道さん:7位
×モスカートローザ (父ディープインパクト 母ローザロバータ 栗東・池江寿) → シルフィさん:4位
×シャイニンオーラ (父King Kamehameha 母Shinin' Ruby 栗東・松田博) → けい♀さん:13位

一部、人気必至の馬は省いています。エーシンミズーリスカイスクレイパーは上位で指名されると思っていましたので外しましたが獲りに行くべきでした。ランブイエの名前もありませんでしたね。

| POG | Comment 2 |  

指名理由(2010-2011年度)

牝馬に重きを置くと掲げていたのに今期も5頭と少なめ。せめて6頭は指名しておきたかったですが仕方ありません。バランスは良いので昨年度以上の成績になってほしいですね。

1位) ヴィジャイ (父ディープインパクト×母オイスターチケット 牡 栗東・松田国)
ディープインパクト産駒その1。半兄ブラックシェルを指名していましたので1位で行かないわけはないでしょう。父がクロフネからディープインパクトとなって兄以上の活躍を期待しています。馬体のインパクトはそれほどでもありませんが兄に似ているように見えますのでこれで良いんだと思います。育成先の評判も上々のようなので目指すはもちろん来春のクラシック。

2位) 馬名未定 (父ディープインパクト×母レディパステル 牡 栗東・角居)
ディープインパクト産駒その2。ハズレ1位、もしくは1位で行かれたら仕方ないくらいの気持ちでしたが単独指名することができました。母はオークス馬。産駒の成績は今ひとつ揮っていませんが父ディープインパクトになって良さを引き出せれば大物クラスの可能性も。管理するのが角居厩舎なら言うことなし。非凡な素質を秘めていそうです。

3位) 馬名未定 (父スペシャルウィーク×母パーソナルレジェンド 牡 栗東・藤原英)
牡馬でどうしても獲りたかったのはこの馬でした。先日のサラブレでは物凄く良く見えたので指名順を急遽上げました。馬体のよさでは今期の指名馬では一番。初重賞を成し遂げてくれた藤原英厩舎で今年はダービートレーナーにもなりましたので期待度は更に高まります。姉ミラクルレジェンドがダートで結果を上げていますがこの馬は芝でも問題ないでしょう。

4位) マリアヴェロニカ (父ジャングルポケット×母マリアヴァレリア 牝 美浦・堀)
これまで関東馬の牝馬はクラシックでは不利と云われているので指名したことはありませんでしたが、今年は関東馬が活躍ぶりが目立って無視することは出来ず、関東馬にも目を向けてみました。牝馬で見栄えがしたのがこの馬。ジャングルポケット×サンデーサイレンスは活躍馬が多い血統。好調の堀厩舎なら上手く管理してくれそうです。桜花賞は対応できそうですし、オークスへの距離延長も大丈夫なはず。左球節の腫れでペースダウンしているのは気掛かり。単独指名でしたし不安感が急に高まってきました。昨年のサルヴェレジーナのようにならなければいいけれど・・・。

5位) トーセンエッジ (父ディープインパクト×母ロッタレース 牡 未定)
ディープインパクト産駒その3。ジョーダン、ファントムと指名してきて今年はこのトーセン馬。厩舎未定で指名順は上がりませんでしたが栗東予定とわかったので自分の中の評価が急上昇。姉にはフサイチパンドラがいる良血。母が高齢なのは少し気になる点ですかね。どの厩舎なのかまだわからないのは不安ではあります。厩舎次第では一発も。昨年のネオヴァンドームのようにこの賭けが良い方に出るか。松田国、藤原英になってほしい。
 →(追記) 美浦の鈴木康厩舎という話も。栗東の厩舎で賭け云々どころではなさそう。期待度は少し下がりましたがトーセン馬は指名するつもりでしたし、関東であっても頑張ってくれると思います。

6位) サトノペガサス (父ディープインパクト×母クラシックローズ 牡 美浦・堀)
ディープインパクト産駒その4。この馬も競合覚悟でしたが単独指名でした。母クラシックローズは薔薇一族と筋が通っていますので面白い存在に成長してくれそう。馬体の印象も良かったです。陣営の期待も高いですし、早め入厩できそうと目処が立っているのは大きなアドバンテージ。関東の期待馬となってもらいたいです。昨年のディアブラストでも同じことを言ったような気が。

7位) 馬名未定 (父アグネスタキオン×母ソニンク 牡 栗東・浅見)
馬主の林正道氏は初めて聞く馬主さん。予定厩舎は決まっていますので無事にデビューまで行ってくれると思います。結構早い段階で指名しようと決めた馬で中位ですけど見栄えのする馬でリストからは一度も外さなかったです。距離適性は伸びていいようには見えないのでマイル~中距離になってくるんじゃないでしょうか。ロジ軍団のような新規馬主の運にも注目しています。

8位) アメイジングアスク (父ステイゴールド×母フィリス 牡 栗東・藤原英)
ちょっと地味なステイゴールド産駒。静内の産地馬体検査の中では目立って見えました。藤原英厩舎だったのも指名の決め手に。指名順が意外と上なのはそういう理由もあります。ダート馬の可能性もありますけど面白い存在になってくれそうな馬で穴指名です。それから今年からアスクの冠名が前から後ろになりましたね。そういうことが好転することもあるかも。

9位) クエルクス (父フジキセキ×母ダイアゴネル 牝 栗東・藤原英)
藤原英厩舎だったのも指名の決め手になった馬その2。厩舎だけではもちろんなく見栄えのする好馬体。
ユニオンOCの募集馬ですが2008年セレクトセール出身と異色の存在。 父フジキセキ×母の父ダルシャーンはダノンシャンティと同じで大舞台で力を発揮できる底力のある血統。目標は阪神JF~桜花賞。クラブ馬で近況が掴みやすいのもいいですね。指名順位以上に個人的期待度は高いです。

10位) ゼフィランサス (父キングヘイロー×母モガミヒメ 牝 栗東・昆)
昨年度は牝馬の出走数自体も芳しくなかったので早めに使える牝馬を探していて開幕週にスタンバイのこの牝馬をチョイス。一週前の調教でもソコソコ動けているようなのでまずは期間内に2勝できれば。血統はローレルゲレイロと3/4同血。管理するのも同じ昆厩舎。鞍上予定も藤田騎手。活躍も先輩のように、となってもらいたいです。この馬が今期初出走になりそうなのでスタートダッシュを決められるか。

11位) キャプテンピサ (父ダンスインザダーク×母サンセットバレー 牡 栗東・松永幹)
今年はダンスインザダーク産駒の出来が良い気がします。POG向きではないので指名するつもりはなかったんですがこの馬はなかなか良さそうです。ピサの市川氏はG1をついに勝ちましたので一頭ぐらいは指名しておいた方がいいでしょう。松永幹厩舎も早くから実績を挙げていますから期待しています。

12位) 馬名未定 (父ディープインパクト×母シアリアスバイオ 牝 栗東・藤原英)
ディープインパクト産駒その5。そして藤原英厩舎だったのも指名の決め手になった馬その3。この馬は母シアリアスバイオが好きな馬で顔も良かったので指名。青毛の馬体も実に映えます。今までに見た目が良いと思って選んだ牝馬の成績がイマイチだったのでこういう選び方が良い結果になることもあるはず。現三歳の初仔は未出走と時間を要していますが、二番仔は何と言ってもディープ産駒ですから順調なら良い所まで行けそうだと思います。

13位) ダノンシャーク (父ディープインパクト×母カーラパワー 牡 栗東・大久保龍)
ディープインパクト産駒その6。結果的に指名リストに入れたディープ産駒6頭がすべて指名できました。この順位までにディープ産駒があまり指名できなかった場合を考えてリスト入りさせた馬。距離に関してはマイル~中距離が合っていそうです。兄スティルゴールドもまずまず走っているので半弟も楽しみ。

14位) 馬名未定 (父Singspiel×母Saffa Garden 牡 栗東・岡田)
マル外ならエイシン軍団ということでこの馬を落札したのは平井豊光氏。欧州で競り落したのは確か初めて。
タタソールズ・クレイヴン・ブリーズアップセールでの活躍馬はコンゴウリキシオーぐらいと少ないんですがエイシン軍団なら期待値は上がります。まだ競走馬登録?されていませんが同セール出身馬は年内にはデビューしているので秋以降には出てこれるでしょう。リスト提出時点では確認が間に合わず厩舎未定だったので賭けに出ましたがこの馬については良い方には出ませんでしたね。

15位) アグネスカーラ (父ジャングルポケット×母アグネスアテーナー 牝 栗東・長浜)
この牝馬もジャングルポケット×サンデーサイレンス。注目度が低いのでリストアップした他の牝馬に行こうともしましたけど産地馬体検査の写真で目に留まったので指名しました。アグネス牝馬といったら長浜厩舎、長浜厩舎といったらアグネス。牝馬の活躍馬は多く、今年は重賞を勝っていて好調なのもいいですね。

| POG | Comment 4 |  

指名馬発表

各参加者の指名馬が日曜日に発表されまして出揃いました。
私は獲得できなかったのが2頭だけということで9割近くは満足しています。
しかし、その2頭ともに今期の目標に掲げるつもりの牝馬というのが痛かった。人気の盲点になると思っていた母グラップユアハート(けん♂さん5位)を指名されたのは大きいですねぇ。ここなら大丈夫だろうという安全圏の順位に入れたんですが注目されていた方が私以外にもいらっしゃいましたか・・・。橋口厩舎予定というのも上位に行った理由の一つ?ベッラミーア(熟をさん8位)が行かれたのも下位なんですが地味に響きます。熟をさんは過去に姉のラベを指名されていたんですよね。こちらはチェックしていませんでした。分かっていたらもう少し順位を上げていたかも。

全参加者の指名馬を見ての感想。
リスト作成をするに至って、指名したい馬であったコティリオン(熟をさん1位)、リベルタス(チョルモンさん1位)、インパクトゲーム(シルフィさん1位)、リフトザウイングス(藤沢雄二さん2位)等は早々に行かれるだろうと踏んでリストからは外しました。それぞれ競合必至の人気馬ですからね。
気になったのはマルセリーナ(レグノさん10位)が下位で指名されていたことですね。もっと人気すると思っていましたがこれは意外。アンクレット(チョルモンさん14位)も渋く下位で行っている人がいました。今期はさほど競合しなかった方ですけど下位で忍ばせる辺りはさすがです。

まだ全馬指名されていない参加者もいらっしゃるので馬名は控えますけど、指名してくるだろうと思っていた馬が結構いますね。残り物には福がある?

○指名馬リストと結果×印は指名できなかった馬)
1位 オイスターチケット (ヴィジャイ 牡 栗東・松田国)
2位 レディパステル (未定 牡 栗東・角居)
3位 パーソナルレジェンド (未定 牡 栗東・藤原英)
4位 マリアヴァレリア (マリアヴェロニカ 牝 美浦・堀)
5位 ロッタレース (トーセンエッジ 牡 栗東予定)
6位 ×グラッブユアハート (未定 牝 未定) → けん♂さん:5位指名
7位 クラシックローズ (サトノペガサス 牡 美浦・堀)
8位 ソニンク (未定 牡 栗東・浅見)
9位 フィリス (アメイジングアスク 牡 栗東・藤原英)
10位 ダイアゴネル (クエルクス 牝 栗東・藤原英)
11位 モガミヒメ (ゼフィランサス 牝 栗東・昆)
12位 サンセットバレー (キャプテンピサ 牡 栗東・松永幹)
13位 ×クイーンリザーブ (ベッラミーア 牝 栗東・橋口) → 熟をさん:8位指名
14位 シアリアスバイオ (未定 牝 栗東・藤原英)
15位 カーラパワー (ダノンシャーク 牡 栗東・大久保龍)
16位 Saffa Garden (未定 牡 未定)
17位 アグネスアテーナー (アグネスカーラ 牝 栗東・長浜)
----------------------------------------------------
18位 サイコーキララ (フミノキララ 牡 栗東・西浦)
19位 フローリオット (アンクレット 牝 栗東・石坂) → チョルモンさん:14位指名
20位 バシマー (ダノンフェニックス 牡 栗東・角居)

| POG | Comment 0 |  

指名馬リスト提出

締め切り前日の昨日に指名馬リストを提出。今期のリスト作成は今までで一番悩みました。

まず、今年は何と言いましてもディープインパクト産駒の取捨
新種牡馬は疑ってかかる方で、当初はそこまでリスト入りさせるつもりはありませんでした。しかしPOG本を始め、情報が出回るにつれて指名しないわけには行かないだろうと。繁殖牝馬の質も非常に高いですからね。最終的にはそれなりにリスト入りさせています。やっぱり良い馬揃っていますね。産駒数が147頭と多いですけど人気しそうな馬は結構被ってくると思っていますが果たして・・・。そこまで人気しないだろうと見ていてもそうとは限りませんからねぇ、自分の場合は前期のこともあるので特に。

そして最も悩ませたのが中位~下位。順位や馬の入れ替えがとにかく目まぐるしくコロコロと変わっていました。リストアップさせたいと考えていた馬もどんどんと外れていって、1~2週前とは一変までは言いませんが随分と変わっています。リストから外れた馬でも本当は指名したいと思う馬はかなりいます。そんな馬たちに活躍されたらとてつもなく悲しい、またそういう馬に限って走っちゃうから難しいし、面白い。

今期の目標に掲げようと思っている牝馬陣。これも最初にリストアップした馬とは変わりました。昨年度がアレだったので牝馬の成績はどうにかして上げたいところ。昨年度以上の6~7頭ほど指名できるといいですね。

発表は月曜日予定ということでドキドキしながら待ちたいと思います。

| POG | Comment 4 |  

わくドキPOG2009-2010を振り返る

【 2009-10年度 】
22,290p 成績:13-5-08-30 出走:56 勝利:13 勝率.232 デビュー頭数:14 P獲得頭数:12

今シーズンは順調に使えなかった馬が非常に多く、故障や直前の怪我に泣かされた一年でした。
デビュー直前のアクシデントがここまで重なると珍記録に申請したくなるほどそれくらい多かったです。そのコンスタントに使えなかったのがプラスに働いたことも。全体の出走回数が下がった分、勝率が持ち上がったので「最高勝率賞」を受賞。まさか最高勝率になっているとは思いませんでした。自分としては勝率が高かったという印象は全くなく、2008-09年度(.242)よりも低いんですよね。過去の成績を見ても出走回数が多い方では決してありませんが、今シーズンは上位陣の中ではひときわ低い数字。出走回数トップのチョルモンさん・ゆうまりんさん(84回)と比較すると28回の差、これは大きいです。走らないことにはポイントを加算することは出来ないので、来期は出走回数を上げていきたいと考えています。まぁ上げようとして上げられる数字ではないんですが。本気で上げようとするならば指名方針まで変えなければなりません。

今シーズンの指名方針として大砲候補をズラリと揃えて重賞制覇が最大目標。その目標をついに成し遂げられたので満足ではあります。しかしながら、あれだけ自信ありありで揃えた布陣でも結果は重賞一つですから難しい。牡馬に関してはクラシック出走も叶いましたので来期も今までと同じようなリスト作成をしていますが深刻なのは牝馬勢、毎年それほど良くないんですが今年はそれにしても酷い。牝馬5頭で1勝と散々な成績ですから来期の牝馬指名については見直さなければなりません。来期の目標もその辺りにするつもり。

来期のリスト作成は上位はだいたい固まりまして、中位以降が悩みに悩んでいるところです。
提出期限は12日、それまでもう少し考えます。この悩んでいる時がPOGの楽しいところでもあったり・・・。


【 2008-09年度 】
22,975p 成績:16-10-11-29 出走:66 勝利:16 勝率.242 デビュー頭数:14 P獲得頭数:12
【 2007-08年度 】
25,155p 成績:15-11-08-38 出走:72 勝利:15 勝率.208 デビュー頭数:14 P獲得頭数:14

| POG | Comment 3 |  

わくドキPOG2009-2010の指名馬を振り返る③

11位) ヘヴンリーヴォイス (父アグネスタキオン×母ヘヴンリーソング) [ 0-0-1-1 ] 180p
応援を込めた指名でしたが、デビューが年明けの4月下旬遅いこともあって今でも未勝利の身。
2戦して掲示板は外していないので先々は楽しみな馬かもしれません。
決して悪い馬ではなかったのでもう少し使い出しが早かったら・・・。近況が掴めませんでしたからね。
この辺りも来期の指名に向けて改めて行くべきかもしれないです。

12位) ネオヴァンドーム (父ネオユニヴァース×母プリンセスカット) [ 2-3-0-1 ] 5080p
わくドキPOGで初重賞制覇を成し遂げてくれて、POGで忘れられない一頭になりました。
指名時点では厩舎未定でしたので藤原英厩舎に預けられたのはかなり大きかったですね。
ダービーには出走できなかったのが惜しまれます。今思うと皐月賞の時点で状態ひと息だったのかも。
未勝利を勝つまで4戦、そして重賞挑戦で勝った後にガタッと来てしまったのかな。

13位) ディアブラスト (父タヤスツヨシ×母ラピュセル) [ 1-0-1-6 ] 730p
今期初出走はこの馬でした。東京の未勝利戦で2歳レコードで勝った時は関東期待の一頭になるんじゃないかと今後も期待できるかと思いました。・・・が、それからは伸び悩んで500万で負けたのにラジオNIKKEI杯に出走させたり、状態が思わしくないのにレースに使ったりとよくわからない使い方でした。
果敢というよりも無謀と思わせる挑戦。素人が言うのもなんですがもう少し馬を大事に扱ってもらいたいです。立て直せば500万下ぐらいは卒業できるはず。

14位) リルダヴァル (父アグネスタキオン×母ヴェイルオブアヴァロン) [ 2-0-2-2 ] 5580p
追加指名したこの馬でしたが活躍ぶりには本当に頭が下がります。骨折したのによくここまで頑張ってくれました。何度も書いていていますが春絶望とまで言われたのに、ダービーに間に合う → 皐月賞も使うみたい → その前にひと叩きする と情報がドンドン好転していきました。あの時の新たな情報が出る毎に胸躍るのは今でも思い出されます。すこぶる順調で毎日杯を使ってから皐月賞に出せました。結果は惜敗、その後にマイルカップも使ってさらに日本ダービーまで出走。中2週で春4連戦ですから並の馬では壊れてもおかしくないはず、頑張ってくれたという言葉では済まされないほどの大健闘の走りを見せてくれました。リルダヴァルの底力、そして陣営の体調管理の凄さを改めて感じました。ネオヴァンドームと同じように思い出に残る馬ですね。

15位) サルヴェレジーナ (父アグネスタキオン×母アドマイヤハッピー) [ 0-0-0-0 ] 0p
この指名は失敗でしたね。右後脚に腫れがありましたが程度も軽めで十分に間に合うと見て追加指名。
しかしながら良化してきたと思ったらまた脚元を悪くするのが続いて、12月には股関節を痛めて繁殖入り。
脚元に不安がある馬はいくら良さそうでも敬遠するべきでした。来期はこんなことはないようにと反省。

| POG | Comment 0 |  

| main |

Author:aji-sand

わくわくドキドキPOG 2012-2013年度
18位 395p 0-1-0-4 (更新:09/18)

熟をの気楽な競馬日記 》  《 POGスタリオン 集計

わくわくドキドキPOG 指名馬

1位) ランギロア
アグネスタキオン×ハルーワスウィート 栗東・友道
2位) アドマイヤキンボシ
チチカステナンゴ×プロモーション 栗東・橋田
3位) サトノプレステージ
ディープインパクト×ディメンティカタ 栗東・平田
4位) スペクトロライト
ディープインパクト×バランセラ 美浦・堀
5位) プロミネントロール
キングカメハメハ×プロミネント 栗東・石坂
6位) フューチャステップ
アドマイヤムーン×シンコウラブリイ 栗東・池江
7位) トウケイムーン
アドマイヤムーン×ゴーカロライナ 栗東・飯田明
8位) アマルコルド
ハーツクライ×フローラルグリーン 栗東・角居
9位) ナンヨーカノン
フジキセキ×ピラミマ 栗東・領家
10位) エインセル
メイショウサムソン×ピクシーダスト 栗東・須貝
11位) ダイワフォース
ダイワメジャー×ダイワリプルス 美浦・上原
12位) アドマイヤスピカ
キングカメハメハ×エルダンジュ 栗東・松田博
13位) エイシンチャクエク
ゴールドアリュール×アルカイックレディ 栗東・高野
14位) メイショウバッカス
Cape Cross×ベルナール 栗東・角居
15位) メイショウアカフジ
メイショウサムソン×マストビーラヴド 栗東・西浦

【 過去の指名馬・成績 】
2011-2012年度 指名馬 (活躍馬:ジョワドヴィーヴル)
2010-2011年度 指名馬 (活躍馬:ノーザンリバー)
2009-2010年度 指名馬 (活躍馬:リルダヴァル)
2008-2009年度 指名馬 (活躍馬:トーセンジョーダン)
2007-2008年度 指名馬 (活躍馬:ブラックシェル)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。