スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- |  

指名リスト作成の裏側 2011-2012

■リストアップしたけれど指名馬リスト入りしなかった馬
【 牡馬 】
馬名未定 (父Henny Hughes 母Aldebaran Light 栗東・矢作)
エーシントップ (父Tale of the Cat  母Ecology 栗東・西園)
サンライズマーチ (父Hard Spun 母オールウェイズウィリング 栗東・音無)
トウショウチャージ (父サクラバクシンオー 母サフラントウショウ 美浦・清水英)
ブランドオン (父ジャングルポケット 母ロスマリヌス 栗東・松永幹)
マイネルフィエスタ (父シンボリクリスエス 母フェリアード 栗東・中村)
サダムダイジョウブ (父ダイワメジャー 母ブリアンダ 栗東・松田博)
ダノンラッシュ (父ブラックタイド 母シェアエレガンス 栗東・池江)
タガノレイサッシュ (父マンハッタンカフェ 母レイサッシュ 厩舎未定)
【 牝馬 】
ヤマニンシェリル (父アグネスタキオン 母ヤマニンザナドゥ 栗東・浅見)
馬名未定 (父ジャングルポケット 母エアメサイア 厩舎未定)
ジーニマジック (父ダイワメジャー 母ベッラベリッシモ 厩舎未定)
馬名未定 (父ディープインパクト 母サクラサクII 美浦・堀)

今年も一部ではありますが書き出してみました。牡馬は勝ち上がっているのが結構いましたが牝馬は散々、その中ではエアソミュールとサクセスセレーネが2勝。今年のリスト入りしなかった馬から活躍馬は出るでしょうか。昨シーズンだったらタガノレイサッシュを迷わず行っていましたが情報がほとんどないので敬遠、ブランドオンは母ロスマリヌスがエクセルマネジメントからノースヒルズに移ったというのが面白いと思いましたけど手が回らなかったです。トウショウチャージも血統では妙味有りなんですが遅生まれ。牝馬では情報がほとんどないのが多く、頭数も増えるので行かなかったです。未デビューで終わる可能性もありますがジーニマジックは大穴候補。追加指名で最後まで迷ったのはサンライズマーチ
スポンサーサイト

| POG | Comment 0 |  

各馬の指名理由(2012-2013年度)

1位) ランギロア (父アグネスタキオン×母ハルーワスウィート  栗東・友道)
 03月03日生 / 馬名由来:ランギロア環礁。トゥアモトゥ語で広大な空に由来する
タキオン×ミスプロに目立った活躍馬は少ないんですが見た目に惹かれました。この母の産駒は友道厩舎所縁の血統ですから来年こそクラシック制覇を期待しています。現時点で調整がやや遅れているようで札幌は微妙らしいですけど秋以降でも問題ないです。

2位) アドマイヤキンボシ (父チチカステナンゴ×母プロモーション  栗東・橋田)
 04月09日生 / 馬名由来:冠名+金星
兄アドマイヤプリンスを指名していましたこともあって新種牡馬で未知数ですが獲りに行きました。一つ上のバラードより見栄えのする馬体で橋田厩舎に戻って期待値は上がります。クラシック路線に乗ってくるはず。

3位) サトノプレステージ (父ディープインパクト×母ディメンティカタ  栗東・平田)
 03月16日生 / 馬名由来:冠名+名声
ノーザンリバー、ベールドインパクトと続いて今年のリストから外さなかった馬は本馬でした。正直、平田厩舎の個人的印象はそこまで良いものではないんですがG1を勝ちましたし、馬体が目立っていたのでそれでも指名に踏み切りました。

4位) スペクトロライト (父ディープインパクト×母バランセラ メス 美浦・堀)
 02月11日生 / 馬名由来:虹色の光を放つ天然石
数頭指名しようと考えていた牝馬の中でなかなか良いと思ったのがこの馬。数字以上に体を大きく見せていて好感が持てました。ここまで順調という事ですからマリアヴェロニカのような頓挫がなければ出世してくれるでしょう。(迷った馬:同じく堀厩舎のディープ産駒の牝馬・サクラサクⅡの2010)

5位) プロミネントロール (父キングカメハメハ×母プロミネント  栗東・石坂)
 03月15日生 / 馬名由来:大きな役割
直前になって急にリスト入りさせました。石坂厩舎の春二冠の活躍もありますが決してそれだけではなくてキングカメハメハ産駒の特長が出ているように見えました。血統の裏付けもありそうな感じ。距離についてはマイル~中距離が主戦場になってくると思います。使っては休んでのアルアマーナとは違って馬格もありますから楽しみ。(迷った馬:同じ厩舎で同じキンカメ産駒のアルバタックス)

6位) フューチャステップ (父アドマイヤムーン×母シンコウラブリイ  栗東・池江寿)
 04月02日生 / 馬名由来:未来への一歩
母の仔がまだいたのかと思ったほど高齢での産駒。普通ならば食指はあまり伸びないところなんですが池江厩舎の馬は一頭指名したかったので所属馬から本馬を選びました。見た目も悪くありませんし、一発あっても不思議ではありません。馬主の嶋田賢氏=シンコーファーム生産馬は2頭いてどちらも勝ち上がっていて、そこに初めての組み合わせとなる池江厩舎とくれば期待値はさらに上がります。とにかく順調ならば。(迷った馬:同厩舎のシェアエレガンスの2010、ブラックタイド産駒なのであと一歩が踏み出せませんでした)

7位) トウケイムーン (父アドマイヤムーン×母ゴーカロライナ  栗東・藤原英)
 04月26日生 / 馬名由来:冠名+父名の一部
早くから指名しようと考えていた一頭。厩舎がどこになるか気になっていましたが藤原英厩舎なら問題ありません。兄マジカルツアーは新馬勝ちしたもののデビューが遅かったせいもあってそれ以上の活躍はできなかったのでもう少し早期に出てきてもらいたいです。

8位) アマルコルド (父ハーツクライ×母フローラルグリーン メス 栗東・角居)
 01月30日生 / 馬名由来:映画名より
検討していた牝馬が短いところ向きな馬が多かったので中距離型の本馬を狙いました。ダノングーグーの全妹です。角居厩舎の馬も指名したかったというのも理由の一つ。晩成傾向の血統ですが早生まれでちょうど良く期間内で活躍できれば、牝馬ですからまず一勝が目標。昨年度に続く見逃し三振は勘弁。(迷った馬:ソルダテッサ、ヤマニンシェリル)

9位) ナンヨーカノン (父フジキセキ×母ピラミマ メス 栗東・領家)
 01月23日生 / 馬名由来:冠名+カノン
昨年度はお世話になった領家厩舎、すでに入厩している中で見た目が良く、血統的も意外と良いので今年の速攻系の一頭として指名しました。この厩舎とナンヨーの中村徳也氏とはソコソコの相性で本馬もソコソコの活躍で小銭稼ぎからG1出走までお願いしたいです。(同厩で迷った馬:アットウィル、アドマイヤムーン産駒はリスト入りしていた馬がいたので)

10位) エインセル (父メイショウサムソン×母ピクシーダスト メス 栗東・須貝)
 04月02日生 / 馬名由来:イングランド北部に棲むと伝承されている美しい妖精
一番最初に指名したいと思ったのは本馬。個人的に好みな馬体をしています。昨年度で同じように良いと思った牝馬のアルアマーナがそれほど活躍していませんから過度な期待は禁物かもしれません。新種牡馬メイショウサムソンも半信半疑なところはありますのでどう出るでしょうか。須貝厩舎というのは頼もしい材料。

11位) ダイワフォース (父ダイワメジャー×母ダイワリプルス  美浦・上原)
 04月06日生 / 馬名由来:冠名+迫力
関東馬も指名しておこうと思い、その中で目に留まったのが母ダイワリプルス。母の産駒で一番活躍したダイワアプセット以来、上原厩舎が管理するので面白いかもしれません。(迷った馬:同厩で同じ父のダイワストリーム、牝馬はこれ以上指名したくなかったため)

12位) アドマイヤスピカ (父キングカメハメハ×母エルダンジュ  栗東・松田博)
 02月23日生 / 馬名由来:冠名+真珠星
今年、よしおさんが不参加ということでアドマイヤ軍団のマークが緩くなるはずだと下位に入れておきました。重賞で連対経験のあるアドマイヤテンクウの全弟でなかなかの好印象、松田博厩舎の馬を押さえておきたかったのもあります。クラシック路線に乗るくらいの活躍を期待しています。(迷った馬:ヴェイパートレイルの2010、角居厩舎が多くなる事を懸念したため)

13位) エイシンチャクエク (父ゴールドアリュール×母アルカイックレディ  栗東・高野)
 02月17日生 / 馬名由来:冠名+古代マヤ語の金星より
エイシンキンチェムの半弟、馬体のボリュームが迫力満点でした。姉と同じく完成度が高そうで早期デビューしてオープン勝ちまでできれば良いなと、成長力はあまりなさそうですから高い完成度で二歳戦が勝負。芝でダメでも血統からダートで活路を見出せそうなのもPOGでは強みになりそうです。(迷った馬:アクレイムド、角居厩舎をこれ以上指名するのはできませんでした)

14位) 馬名未定 (父Cape Cross×母ベルナール  栗東・角居)
 01月30日生 / 馬名由来:-
父Cape Crossは日本では実績がまだない種牡馬ですが祖母がバレークイーンと同血で母父Alzaoはディープでお馴染みなので適応する下地はあります。角居厩舎=メイショウはこれまで管理した2頭が勝ち上がっていてまずまずの相性、この厩舎ですからまずは出て来られるかどうか。この馬を指名する決め手は血統。昨年度の教訓が生かされていませんが血統を見る度に良く思えてきたので指名に至りました。

15位) メイショウアカフジ (父メイショウサムソン×母マストビーラヴド  栗東・西浦)
 02月23日生 / 馬名由来:冠名+赤富士
追加枠で指名する事になった本馬。リストアップしていましたがメイショウサムソン産駒はエインセルがいたので未知数な新種牡馬の産駒を2頭も指名するのは避けたかったんですが、良い馬だと思っていましたし指名者がいないようなら、とすでに入厩していることもあって飛び付きました。

| POG | Comment 2 |  

「わくドキPOG 2011-2012」を振り返る

【 2011-2012年度 】 活躍馬:ジョワドヴィーヴル
4位 25,150p 成績:15-07-12-40 出走:74 勝利:15 勝率.202 デビュー頭数:14 P獲得頭数:11
 (前半 11,770p 7-4-4-16 31走 勝率.225 / 後半 13,380p 8-3-8-24 43走 勝率.186)

前半戦終了時には総合優勝を大きく期待しましたが4位。原動力になるはずだったジョワドヴィーヴルは冬を越しての成長が今一つでトライアルはこの馬の走りができず本番の桜花賞では骨折。この馬に限らず"小柄な馬体"は休み休みで使い込めないというのがよくわかった一年でした。
それから「血統」で指名した馬たちはそれほど結果が出せませんでした。完全ノーマークな馬で活躍馬を出してみたいと思っていましたが狙い過ぎたと言わざるを得ません。POG本などに載らないのもそれなりの理由があるからでしょうし、2012年度はやはり馬体の印象を軸として舵を切り戻すことに。

2010年度の低調から盛り返して上位に入賞、初めてG1を勝つことができて最多勝利賞にもなりましたので充実したシーズンでした。ただ前半終わりで優勝が見えたばかりに意気込み過ぎて空回りしてしまったところもあるので来期は肩ひじ張らずに行こうと思います。指名理由やリストアップした馬なども更新するつもりですけど今年からダービーが終わってから新馬戦までのインターバルがなくなったので開幕まで間に合わないかも。


【 2010-2011年度 】 活躍馬:ノーザンリバー
8位 17,218p 成績:12-18-07-27 出走:64 勝利:12 勝率.188 デビュー頭数:14 P獲得頭数:12
【 2009-2010年度 】 活躍馬:リルダヴァル
3位 22,290p 成績:13-05-08-30 出走:56 勝利:13 勝率.232 デビュー頭数:14 P獲得頭数:12
【 2008-2009年度 】 活躍馬:トーセンジョーダン
2位 22,975p 成績:16-10-11-29 出走:66 勝利:16 勝率.242 デビュー頭数:14 P獲得頭数:12
【 2007-2008年度 】 活躍馬:ブラックシェル
3位 25,155p 成績:15-11-08-38 出走:72 勝利:15 勝率.208 デビュー頭数:14 P獲得頭数:14

| POG | Comment 0 |  

わくわくドキドキPOG:2012-13年度 指名馬発表

来年度の指名馬が発表されました。2012年から新馬戦が前倒しとなって最終週を残していますので今年度を振り返るのはまたの機会に。

今年の指名方針は原点回帰。「血統」だけで指名した馬たちがそこまで結果が出なかったので、原点に返って「第一印象」を大事にしつつ、そこに「血統」をほんのりとプラスする感じで選びました。全体的に見ると昨年ほどではないにしろ速攻系はいますし、大砲系も揃ってバランスは取れているかと。昨季よりは秋以降に始動する馬が揃った布陣となっています。昨シーズン(2011年度)は牝馬>牡馬の布陣で桜花賞出走が一頭だけと結果が出なかったのでやはり私は牡馬に重きを置いた布陣で。牡馬11頭+牝馬4頭。

競合覚悟で行ったトーセンパワフルは縺れたジャンケンの末に負け。概ねリスト順で決まりましたがその中で指名出来なくて痛いのはノーブルコロネット、少し前までは牝馬一番手で考えていましたが直前でこの順位なら大丈夫だと思って替えたのが裏目に出ました。しかもジャンケンで逃したのでより痛いです。今年はジャンケンで2戦して2敗。それ以外は意外とすんなり決まっています。

○指名馬リストとドラフト結果×印は指名できなかった馬)
1位 ×アコースティクス (トーセンパワフル 牡 栗東・角居) → うみみんさん 1位指名
2位 ハルーワスウィート (ランギロア 牡 栗東・友道)
3位 プロモーション (アドマイヤキンボシ 牡 栗東・橋田)
4位 ディメンティカタ (サトノプレステージ 牡 栗東・平田)
5位 バランセラ (スペクトロライト メス 美浦・堀)
6位 ×ノーブルステラ (ノーブルコロネット メス 栗東・松永幹) → シルフィさん 5位指名
7位 プロミネント (プロミネントロール 牡 栗東・石坂)
8位 シンコウラブリイ (馬名未定 牡 栗東・池江寿)
9位 ゴーカロライナ (トウケイムーン 牡 栗東・藤原英)
10位 フローラルグリーン (アマルコルド メス 栗東・角居)
11位 ×ライジングクロス (クライナーヘルツ 牡 栗東・池江寿) → 藤沢雄二さん 5位指名
12位 ピラミマ (ナンヨーカノン メス 栗東・領家)
13位 ピクシーダスト (エインセル メス 栗東・須貝)
14位 ダイワリプルス (ダイワフォース 牡 美浦・上原)
15位 エルダンジュ (アドマイヤスピカ 牡 栗東・松田博)
16位 アルカイックレディ (エイシンチャクエク 牡 栗東・高野)
17位 ベルナール (馬名未定 牡 栗東・角居)
18位 ×モアザンベスト (タイセイドリーム 牡 栗東・矢作) → シルフィさん 9位指名
19位 ×モテック (レコンダイト 牡 栗東・音無) → うみみんさん 3位指名
20位 ×Chatham (シェーンメーア 牡 美浦・藤沢和) → ハートビートさん 5位指名
追加 マストビーラヴド (メイショウアカフジ 牡 栗東・西浦)

| POG | Comment 2 |  

指名馬リスト提出 2012

今しがた(夕方)、来シーズンのPOGリストを提出しました。
昨日提出するつもりでしたが毎度の優柔不断ぶり、または最後の悪あがきとでも言いますかパズルのようにコロコロと入れ替えてようやく提出に至りました。

詳しくは指名馬が発表されてから書きます。

| POG | Comment 3 |  

2011-2012年度 前半戦を振り返って

【 2011-2012年度 前半戦 】
2位 11,770p 成績:7-4-4-16 出走:31 勝利:7 勝率.225 既デビュー:11頭 未デビュー:9頭
 ■今期初勝利/ハッピーシャワー (10/23 東京-2歳未勝利-芝1,600m)

前半戦を2位で折り返し。それもジョワドヴィーヴル(7,200p)の活躍があったからこそ、わくドキに参加させていただいて初、もっと言えばPOGをやってきて初めてのG1制覇。しかしこの馬が出てくる秋口までは低空飛行、速攻組が結果を出せず今期初勝利は過去4シーズンで最も遅い10月下旬。指名スタンスと速攻系は合わないことがやっとわかったので来シーズンでの即戦力枠は大きく割きます。出走回数は昨年をやや上回りました。故障馬が1頭、抹消馬が1頭出てしまいましたが数を使う厩舎選びがうまく行っています。後半戦はジョワドヴィーヴルを軸として総合優勝を狙って行きます。あとは無事に。


■ 2010-2011年度 前半戦を振り返って (http://aji3uma.blog55.fc2.com/blog-entry-171.html)
8位 5,870p 成績:4-13-2-7 出走:26 勝利:4 勝率.153 既デビュー:8頭 未デビュー:7頭

| POG | Comment 2 |  

指名リスト作成の裏側 2011-2012

■リストアップしたけれど指名馬リスト入りしなかった馬
【 牡馬 】
エーシングルーオン (父アグネスタキオン 母エイシンサンサン 栗東・坂口則)
スズカキングダム (父キングカメハメハ 母スズカグレイス 栗東・橋田)
ヴェアデイロス (父サクラバクシンオー 母マザーレイク 栗東・佐々晶)
タニノチャーチル (父サクラバクシンオー 母タニノカリス 栗東・村山)
馬名未定 (父ジャングルポケット 母エアラグーン 栗東・角居)
ワディムーサ (父シンボリクリスエス 母ワディラム 厩舎未定)
タイセイミステリオ (父スペシャルウィーク 母タイキメビウス 栗東・矢作)
サクラヴィクトリー (父タニノギムレット 母サクラヴィクトリア 厩舎未定)
ヴァリアシオン (父ハーツクライ 母スワンプリンセス 栗東・西園)
イクオリティ (父フジキセキ 母ラウンデル 厩舎未定)
馬名未定 (父マンハッタンカフェ 母ゴールドグレース 栗東・昆)
スターマイン (父マンハッタンカフェ 母レスレクシオン 栗東・荒川)
【 牝馬 】
リトルボス (父アグネスタキオン 母グランプリシリウス 厩舎未定)
ミヤビグローリー (父アグネスタキオン 母タフグレイス 厩舎未定)
ダイシンキャンディ (父アグネスタキオン 母フレンドレイ 栗東・松田博)
サクセスセレーネ (父ディープインパクト 母リアルエクスペクテイションズ 厩舎未定)
サクラハートフル (父ハーツクライ 母ジョーシナリー 厩舎未定)
馬名未定 (父ネオユニヴァース 母オルティスローザ 栗東・西園)
馬名未定 (父マンハッタンカフェ 母メイショウアモーレ 厩舎未定)
馬名未定 (父Broken Vow 母Honorable Peace 厩舎未定)

まだ15頭指名されていない方がいらっしゃいますのでこの記事は指名待ちでしたが、あまり遅いと後出しになってしまいそうなので更新します。今期は指名されていなくて注目度が低そうな馬だけにしました。特に、というのは牡馬ではワディムーサ(母ワディラム)。指名する気はかなりあったんですが厩舎がわからなかったのでやむなく断念。牝馬ではダイシンキャンディ、この馬はもう入厩しているんですよね。

| POG | Comment 2 |  

各馬の指名理由(2011-2012年度)

1位) ジョワドヴィーヴル (父ディープインパクト×母ビワハイジ メス 栗東・松田博)
 05月13日生 / 馬名由来:生きる喜び [仏]
もはや説明要らずの良血馬。指名しないで後悔するよりかは走らなかったとしても指名した方がいいと競合・批難覚悟で行きました。母ビワハイジは高齢の域、遅生まれ、ツメが薄く見える、小柄な馬体、何番煎じになることやら。そんな不安があっても期待通りならクラシックで主役を張れる存在は間違いないはず。最低でも2勝、兄トーセンレーヴぐらいの活躍なら十分です。厩舎は姉を手がけた松田博厩舎に戻って、これでダメなら仕方がないの気持ち。

2位) アルアマーナ (父ディープインパクト×母オネストリーダーリン メス 栗東・石坂)
 02月13日生 / 馬名由来:信頼 [アラビア語]
母ビワハイジがダメなら本馬のつもりでした。ディープ産駒の牝馬の中で目に留まった馬で入厩している事も上位で行った理由の一つ。すでにデビューが決まっていて一つ勝ってから秋に備える形になるんではないでしょうか。距離はスピード色が強そうなので短いところになりそう。目指すは阪神JF~桜花賞。ただ、思っていた以上に小さくて400~410kg前後。使い減りで悩むような事にならないか心配なのはそこだけ。

3位) グッドマイスター (父アグネスタキオン×母セニョラージェ  栗東・安田隆)
 02月03日生 / 馬名由来:良い+名人、巨匠 [独]
アグネスタキオン産駒は気になる馬が多くいた中で「指名されたら困る」というのがこの馬でした。POG本ではあまり載っていなかったと思いますがセレクトセール出身。当歳時の馬体は見ても大してわからないんですが決め手になったのは名前。馬主の久保氏が今年から新たな冠名「マイスター」+「グッド(良い)」は手応えを感じているからのはず。全兄ダイワワイルドボアは重賞ウィナーで兄姉の勝ち上がり率もそこそこ高いので、まずは勝ってもらってこの順位ですから先々まで期待したいです。

4位) ハッピーシャワー (父ファルブラヴ×母ディアアドマイヤ メス 美浦・牧)
 03月29日生 / 馬名由来:冠名+降り注ぐ
早期デビューがわかっている馬を指名したくて、函館開幕週を予定している本馬を選択。全姉ワイルドラズベリーでファルブラヴ×サンデーサイレンスは活躍馬を出している血統なので面白そう。牧厩舎は数を使ってくれる印象で2歳戦から行って渋く稼いでくれれば。どこを目標というよりもヒットの延長線が二塁打、三塁打になればいいと思っています。賞金加算できれば桜出走まで。

5位) ハッピーユーゲント (父ディープインパクト×母プンティラ メス 栗東・吉田)
 04月09日生 / 馬名由来:冠名+青春 [独]
上位で指名されてしまうかと思いましたがまさかの単独指名。他の牝馬はマイル前後が合いそうなのが多かったので長めの距離も大丈夫そうなこの馬を。母父Acatenangoは今流行りのドイツ血統で一頭は指名しておきたかった。馬体も良さそうで青鹿毛は非常に見栄えがします。吉田厩舎の活躍馬がダートに偏っているのが気になりましたがこれからの厩舎ですし、杞憂に終わると思います。もう一つ心配なのは中距離馬だとすると牝馬限定戦が少ないので出世が遅れる可能性があるという点。

6位) マジカルツアー (父アグネスタキオン×母ゴーカロライナ  栗東・石坂)
 04月22日生 / 馬名由来:魔法のような旅
見栄えがしたタキオン産駒はサンライズチケットもいて迷いに迷った末に本馬にしました。故障が常に付きまとう父ですが打率の高さは魅力。牧場での評判は高いので行く行くは大きなところを狙ってほしいです。

7位) ゼロス (父キングカメハメハ×母サムソンフェアリー  栗東・領家)
 04月13日生 / 馬名由来:競争心の神 [ギリシャ神話]
デビュー予定は立っていて早期入厩組として競合必至かと思って順位を上げましたが単独指名。数を使う領家厩舎で2歳戦からコンスタントに走ってクラシックまでの小銭稼ぎが狙い。オープンまで勝ってくれれば言う事ありません。4位のハッピーシャワーと同じ新馬戦を使う話がありますがお構いなし。

8位) ベールドインパクト (父ディープインパクト×母ヴァイオレットラブ  栗東・大久龍)
 05月14日生 / 馬名由来:ベールに覆われた衝撃
今年のリストから一度も外さなかった馬はこのディープ産駒。遅生まれではありますけど、今年の二冠馬と同じ5月14日生まれで牡馬ならそこまで気にしなくてもよさそう。厩舎は良い印象こそ持たないまでも昨年は2勝(ダノンシャーク)してくれましたから今期こそクラシックに乗せてほしいです。今のところ順調。

9位) タガノジョイナー (父キングカメハメハ×母タガノチャーリーズ メス 栗東・松田博)
 05月02日生 / 馬名由来:冠名+人名
今シーズンの牝馬は「まずは手堅く1勝」 母は仔出しが良く、ほとんどが勝ち上がっているのは短期決戦では大きなアドバンテージ。松田博×タガノは地味ながらまずまずの成績を挙げているのでデビューできれば一つは堅そう。牝馬の扱いには慣れているこの厩舎ならその先を狙えてもいい。遅生まれは少し気になります。

10位) ツイストリボン (父サクラバクシンオー×母エレガントレガーロ メス 栗東・西園)
 04月12日生 / 馬名由来:ひもを編んでリボン状にデザインされたもの
注目度はほとんどないであろうという牝馬。この馬を選んだ決め手は血統。勝ち上がり率が高い父サクラバクシンオーでチャイナロック・Nijinskyとはニックス配合で活躍馬にショウナンカンプやシーイズトウショウがいます。わかっているのは西園厩舎だけで情報は少なくても指名に踏み切りました。馬主はおそらく下河辺さん。

11位) キタサンエピソード (父フジキセキ×母キタサンメッセージ  栗東・橋口)
 04月05日生 / 馬名由来:冠名+逸話
橋口厩舎×フジキセキは相性が良く、昨年もダーズンローズが2勝していたので本馬を押さえておきました。宇治田原優駿ステーブルに入る目処は立っていて順調ならば小倉デビューもありそうです。近況が掴みやすいのも指名のポイントに。期間内に2つぐらいはしてほしいところ。

12位) ショウナンアスカ (父フジキセキ×母キューピッズハート メス 厩舎未定)
 03月27日生 / 馬名由来:冠名+明日香、飛鳥
この牝馬もほとんど注目されていないんではないでしょうか。わかっているのはショウナンさんの馬で桑田牧場との相性の良さに期待しました。馬体の印象もなかなか良かったです。厩舎は姉を管理した美浦の上原厩舎ではないかと。美浦所属ならば関東の牝馬限定戦でちょこちょこ稼いでクラシック出走も。

13位) グランプリブラッド (父ディープインパクト×母シルクプリマドンナ  栗東・矢作)
 04月21日生 / 馬名由来:冠名+血脈、グランプリを取る血脈となって欲しいので
ディープ産駒の大砲候補。母はそこまでの成績を挙げていませんが母父ブライアンズタイムは当たったらデカイので三振かホームランか。矢作×グランプリの馬主さんで大きな一発を放ってほしいです。馬体は非常に良く見えました。具体的なデビュー時期は出ていませんが暮れまでに出てこられないだろうかと思っています。

14位) リアリズム (父マンハッタンカフェ×母ディープスマイル  栗東・本田)
 03月02日生 / 馬名由来:現実主義
マンハッタンカフェ×Blushing Gloomは相性抜群、さらにこちらも好相性のStorm Catの血も入っているので血統的に面白いと思います。本田厩舎は使ってくれるイメージなので使いつつ成長していってほしいですね。胴が詰まって見えるのでマイルが合いそう、アーリントンカップに出走していそうな気がします。種牡馬Giant's Causewayは母父でいつか大物を出すんではないかと思っているので先物買い。

15位) 馬名未定 (父タニノギムレット×母ジャストスマイル メス 栗東・角居)
 04月16日生 / 馬名由来:-
本馬は母シルクプリマドンナよりも一発狙いの超大砲候補。バットを出来る限り長く持ってフルスイング、当たったら飛距離が出そうです。角居厩舎ならば三振だったとしても僅かながらのポイントは稼いでくれるんじゃないかと。未出走の見送り三振だけは避けたい。この馬の母父もGiant's Causeway。

| POG | Comment 4 |  

わくわくドキドキPOG 指名馬発表

今年の指名方針は「第一印象」に加えて「血統」にも目を向けてみました。とは言ってもかじる程度ですが。全体的には重賞だけに狙いを定めることなく速攻系、大砲系とまんべんなく取り揃えて2008-09年度に近い布陣に。出走回数はそこまで意識したつもりはありませんが、速攻系が順調に使えればそのままアップするような馬を選んだつもりです。

今期は5シーズン目で初めて牡馬よりも牝馬が多い布陣となりました。
牝馬は競合でジャンケンになりましたが順位通りに収まりました。その分、牡馬が例年に比べると若干の心許なさが残った感じです。まぁリスト順で決まっていてもそこまで変わらないですね。
トーセンホマレボシはchildsviewさんが1位で指名されていますので諦めが付きます。1位、2位がダメなら指名できるかと思っていましたが甘い考えでした。イントゥザブルーはこれ以上は順位を上げられなかったです。昨年度は大変お世話になった昆厩舎で指名したかったところですが・・・。中位~下位は殆ど競合することなく無風で指名。ディープインパクト産駒は5頭指名でこれでは"固め"と言われてしまうかも。

それから、昨年度は固めていた藤原英厩舎の指名がゼロ。今2歳馬の情報がほとんどなく、クラブ馬以外の管理予定馬を耳にすることはあったものの不確定要素が多くて手が出なかったです。数週間前まではメテオライトを行くつもりでいましたが今年は縁がなかったということで。毎年指名していた外国産馬も今年はリスト入りなし。数頭チェックしていましたが手が回らなかったです。

○指名馬リストとドラフト結果×印は指名できなかった馬)
1位 ビワハイジ (ジョワドヴィーヴル メス 栗東・松田博)
2位 オネストリーダーリン (アルアマーナ メス 栗東・石坂)
3位 ×エヴリウィスパー (トーセンホマレボシ 牡 栗東・池江寿) → childsviewさん 1位指名
4位 セニョラージェ (グッドマイスター 牡 栗東・安田隆)
5位 ディアアドマイヤ (ハッピーシャワー メス 美浦・牧)
6位 ×ビッグテンビー (イントゥザブルー 牡 栗東・昆) → ゆうまりん 4位指名
7位 プンティラ (ハッピーユーゲント メス 栗東・吉田)
8位 ゴーカロライナ (マジカルツアー 牡 栗東・石坂)
9位 サムソンフェアリー (ゼロス 牡 栗東・領家)
10位 ヴァイオレットラブ (ベールドインパクト 牡 栗東・大久龍)
11位 タガノチャーリーズ (タガノジョイナー メス 栗東・松田博)
12位 エレガントレガーロ (未定 メス 栗東・西園)
13位 キタサンメッセージ (キタサンエピソード 牡 栗東・橋口)
14位 キューピッズハート (ショウナンアスカ メス 未定)
15位 シルクプリマドンナ (グランプリブラッド 牡 栗東・矢作)
16位 ディープスマイル (リアリズム 牡 栗東・本田)
17位 ジャストスマイル (未定 メス 栗東・角居)
----------------------------------------------------
18位 ファンアンドゲイムス (コートジェスター 牡 未定)
19位 ×カーラパワー (未定 メス 美浦・堀) → ハートビートさん 13位指名
20位 ×クロウキャニオン (マウントシャスタ 牡 栗東・池江寿) → シルフィさん 6位指名

各指名馬の理由は後ほど。リスト入りしなかった馬も書きます。

| POG | Comment 2 |  

指名馬リスト提出

今年は時間をかけてじっくり準備したのでリストアップした馬も膨れ上がってしまって絞るのに苦労しました。

2011-2012年度もカギを握るのはディープインパクト産駒でしょうね。
初年度産駒の勝ち上がり率は優秀なのは非常に魅力ですが、そこから伸び悩む産駒が多いという欠点も見えてきています。私はリストに書いた全馬が指名できるとは見ていないので結果的には固めと言われない程度になると思います。それでも言われそうな気がしないでもない?
中位~下位は入れ替えが激しいのは毎度の事。上位で指名出来なかった事を考えての調整も兼ねているので、できる限り無風で指名したいところです。
牝馬については今シーズンは固執しないようにしました。昨年度が拘ってもそこまで成績を挙げられませんでしたのでそこはフラットに。5~6頭ぐらいの指名になるんではないかと。ただ、特にこだわっているつもりはないという事を予め強調しておきます。

当たり障りのない内容ですが、詳しくは指名馬が発表されてから書きます。

| POG | Comment 1 |  

| main | next »

Author:aji-sand

わくわくドキドキPOG 2012-2013年度
18位 395p 0-1-0-4 (更新:09/18)

熟をの気楽な競馬日記 》  《 POGスタリオン 集計

わくわくドキドキPOG 指名馬

1位) ランギロア
アグネスタキオン×ハルーワスウィート 栗東・友道
2位) アドマイヤキンボシ
チチカステナンゴ×プロモーション 栗東・橋田
3位) サトノプレステージ
ディープインパクト×ディメンティカタ 栗東・平田
4位) スペクトロライト
ディープインパクト×バランセラ 美浦・堀
5位) プロミネントロール
キングカメハメハ×プロミネント 栗東・石坂
6位) フューチャステップ
アドマイヤムーン×シンコウラブリイ 栗東・池江
7位) トウケイムーン
アドマイヤムーン×ゴーカロライナ 栗東・飯田明
8位) アマルコルド
ハーツクライ×フローラルグリーン 栗東・角居
9位) ナンヨーカノン
フジキセキ×ピラミマ 栗東・領家
10位) エインセル
メイショウサムソン×ピクシーダスト 栗東・須貝
11位) ダイワフォース
ダイワメジャー×ダイワリプルス 美浦・上原
12位) アドマイヤスピカ
キングカメハメハ×エルダンジュ 栗東・松田博
13位) エイシンチャクエク
ゴールドアリュール×アルカイックレディ 栗東・高野
14位) メイショウバッカス
Cape Cross×ベルナール 栗東・角居
15位) メイショウアカフジ
メイショウサムソン×マストビーラヴド 栗東・西浦

【 過去の指名馬・成績 】
2011-2012年度 指名馬 (活躍馬:ジョワドヴィーヴル)
2010-2011年度 指名馬 (活躍馬:ノーザンリバー)
2009-2010年度 指名馬 (活躍馬:リルダヴァル)
2008-2009年度 指名馬 (活躍馬:トーセンジョーダン)
2007-2008年度 指名馬 (活躍馬:ブラックシェル)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。